HOME > 技術情報 > 公表論文一覧 > 生物環境

公表論文一覧【生物環境】

※社外の共著者のお名前は割愛しております。

2020年

八田原ダムのギフチョウ

著者
小川弘展,亀山剛,他2名
掲載誌
日本鱗翅学会中国支部会報(第21号)
発行機関
日本鱗翅学会中国支部
発行年月
2020/04
復建調査設計は1996年に八田原ダムからの依頼を受け、同ダムの試験湛水時に水没するギフチョウと食草のミヤコアオイを影響を受けない安全な場所へ移設を行った。その後、我社は、移設先のギフチョウ個体群のモニタリング調査を実施し、それを元に八田原ダムと地域が連携して保全活動が展開・継続され、現在も安定してギフチョウが発生している。本稿は着手から24年間にわたるモニタリング調査の結果と地域の保全活動を一つの保全モデルとして、今後の各地の取り組みの一助になることを願い公表するものである。
広島県の絶滅のおそれのある野生生物(第3版)に掲載された昆虫類の確認記録(2018~2019)

著者
亀山剛,他1名
掲載誌
比婆科学 第268号
発行機関
比婆科学教育振興会
発行年月
2020/04
広島県内における絶滅のおそれのある昆虫類の確認記録について執筆した。

2019年

三重県のカワラハンミョウ

著者
亀山剛,加藤義隆
掲載誌
環境Eco選書14 日本のハンミョウ
発行機関
北隆館
発行年月
2019/11
三重県のハンミョウの生態、分布等について執筆した。
兵庫県円山川水系における地域と連携したフジバカマの保全の取り組み

著者
若宮慎二,二神良太,他2名
掲載誌
応用生態工学会第23回研究発表会講演集
発行機関
応用生態工学会
発行年月
2019/09
円山川水系における地域と連携したフジバカマの保全の取り組みについて報告した。

2018年

広島県の絶滅のおそれのある野生生物(第3版)に掲載された昆虫類の確認記録(2012~2017)

著者
亀山剛
掲載誌
比婆科学 第263号
発行機関
比婆科学教育振興会
発行年月
2018/07
広島県内における絶滅のおそれのある昆虫類の確認記録について執筆した。

2012年

特定外来生物「アルゼンチンアリ」の侵入と防除の現状

著者
亀山剛
掲載誌
環境Eco選書7 環境アセスメントと昆虫
発行機関
北隆館
発行年月
2012/07
広島特定外来生物「アルゼンチンアリ」の侵入と防除の現状について執筆した。
広島県世羅町八田原ダムの昆虫類 2005~2006年の調査結果

著者
亀山剛,若宮慎二
掲載誌
比婆科学博物館研究報告 第53号
発行機関
比和科学博物館
発行年月
2012/02
広島県世羅町八田原ダムにおける昆虫類調査の結果をとりまとめた。

2011年

広島市絵下山公園におけるギフチョウの保全と飛翔行動の変化-巨大構造物出現に対する行動パターン

著者
亀山剛,他1名
掲載誌
広島大学総合博物館研究報告 第3号
発行機関
広島大学総合博物館
発行年月
2011/12
本稿ではギフチョウの生息条件について総論を試み、巨大建造物の建造に伴う保全の具体策と工事前後の飛翔、産卵状況の変化、今後の課題について述べる。
利根川下流域における特定外来生物(カワヒバリガイ)の生息状況と捕食状況について

著者
萩野裕朗,森田敏弘,新岡優一
掲載誌
応用生態工学会第15回研究発表会講演集
発行機関
応用生態工学会
発行年月
2011/09
利根川下流域における特定外来生物(カワヒバリガイ)の生息状況と潜水カモによるカワヒバイガイの捕食状況について捕食量を試算した結果を報じた。

2010年

コウノトリ採餌適地モデルによる湿地環境の評価

著者
竹下邦明,若宮慎二
掲載誌
第57回日本生態学会大会 講演要旨集
発行機関
日本生態学会
発行年月
2010/03

2006年

鍵掛峠(鳥取・広島県境)周辺の昆虫類

著者
亀山 剛
掲載誌
比和科学博物館研究報告第46号
発行機関
庄原市立比和科学博物館
発行年月
2006/03

広島県太田川の昆虫類2003年の調査結果

著者
亀山 剛
掲載誌
比和科学博物館研究報告第47号
発行機関
庄原市立比和科学博物館
発行年月
2006/03

山陽地方におけるダルマガエルの危機と保護・再生の現状

著者
亀山 剛
掲載誌
第53回日本生態学会大会講演要旨集
発行機関
日本生態学会
発行年月
2006/03

広島県神辺町産ダルマガエルの再導入について

著者
亀山 剛,森田 敏弘
掲載誌
爬虫類両棲類学会報
発行機関
日本爬虫類両棲類学会
発行年月
2006/03

2005年

広島県神辺町産ダルマガエルの個体群保護について

著者
亀山 剛,森田 敏弘
掲載誌
爬虫類両棲類学会報
発行機関
日本爬虫類両棲類学会
発行年月
2005/03

2004年

ダルマガエル岡山種族の飼育下での越冬による個体群維持の試み

著者
亀山 剛,森田 敏弘
掲載誌
爬虫類両棲類学会報
発行機関
日本爬虫類両棲類学会
発行年月
2004/03

広島県八田原ダムの昆虫類2000年の調査結果

著者
亀山 剛,中西 秀治
掲載誌
比和科学博物館研究報告第43号
発行機関
庄原市立比和科学博物館
発行年月
2004/03

広島県におけるダルマガエルの生息状況~福山市の生息状況について~

著者
森田 敏弘,亀山 剛
掲載誌
爬虫類両棲類学会報
発行機関
日本爬虫類両棲類学会
発行年月
2004/03

2001年

江の川の昆虫類

著者
亀山 剛,片山 舜輔
掲載誌
ホシザキグリーン財団研究報告
発行機関
ホシザキグリーン財団
発行年月
2001/12

ギフチョウの生息環境保全と環境学習

著者
亀山 剛
掲載誌
第53回土木学会中国支部研究発表会発表概要集(平成13年度)
発行機関
土木学会 中国支部
発行年月
2001/06

Larvae of the Genus Hyphydrus of Japan (Coleoptera, Dytiscidae, Hydroporinae)

著者
中西 秀治
掲載誌
日本昆虫分類学会会報
発行機関
日本昆虫分類学会
発行年月
2001/05

Abstract Three species of the dytiscid larvae, Hyphydrus lyratus SWARTZ, H.pulchellus CLARK, and H. japonicus SHARP are described and Keyed. Distinctions among them andillustrations of the diagnostic characters on the basis of third instar larvae are prov

トノサマガエルの個体識別法に関する予備実験

著者
亀山 剛,森田 敏弘
掲載誌
爬虫類両棲類学会報
発行機関
日本爬虫類両棲類学会
発行年月
2001/04

ダルマガエルの冬眠状態についての確認事例

著者
森田 敏弘,亀山 剛
掲載誌
爬虫類両棲類学会報
発行機関
日本爬虫類両棲類学会
発行年月
2001/04

2000年

広島県八田原ダムの昆虫類

著者
亀山 剛,片山 舜輔
掲載誌
比婆科学
発行機関
比婆科学
発行年月
2000/12

西中国山地の十方山林道におけるサンショウウオ類の分布について

著者
亀山 剛
掲載誌
爬虫両棲類学会報
発行機関
日本爬虫類両棲類学会
発行年月
2000/03

1999年

広島県口和町と高野町の昆虫類

著者
若宮 慎二,片山 舜輔
掲載誌
比婆科学
発行機関
比婆科学
発行年月
1999/04

1996年

クスノキ、アラカシに対する急性の水ストレスの影響

著者
森田 敏弘
掲載誌
日本緑化工学会誌,22巻2号
発行機関
日本緑化工学会
発行年月
1996/12

ページ上部へ