HOME > 事業内容 > 空間情報 > 地理空間情報サービス

地理空間情報サービス

私たちは、重要な社会基盤のひとつである地理空間情報を活用した安全・安心・快適な社会実現のため、地理空間情報の専門家として責任と夢を描き、社会に貢献していきます。最新の地理空間情報技術、衛星測位技術や情報通信技術(ICT)などを活用し、多様化する顧客ニーズに応え、1.迅速 2.高精度 3.高品質 な成果を技術者の責務として提供し、お客様満足の向上に向けた取組みを推進してまいります。

無人航空機(UAV)を活用した3次元計測

i-Constructionの推進などを背景に、測量分野においても無人航空機(UAV:Unmanned Aerial Vehicle)の利活用が積極的に検討されています。弊社においても、この技術に早期に着目し、UAV写真測量やUAVレーザ計測の実証実験を行い、事業展開を図ってまいりました。ICT土工の出来形管理、道路設計等で必要となる三次元地形データ作成や災害調査(被災状況確認や地形データの取得・補完)、埋立土量算出(経時変化や残土量の把握)など、様々な土木分野で利用可能です。

技術的特徴

○ 急傾斜地や崩落の恐れがある災害現場等、従来の測量作業では作業員の立入りが困難な箇所でも、上空から地形・地物を安全に撮影・計測することができます。

○ 従来の空中写真測量に比べて低空からの撮影が可能なため,高解像度な静止画像や動画を取得することができます。

○ 短時間の現場作業で面的に取得した撮影画像を専用ソフトでSfM/MVS解析処理することで、3次元点群データを作成できるため、業務の効率化やコスト削減が見込まれます。

○ JUIDAドローン資格保持者が在籍しており、人口集中地区などの飛行に関する申請等の対応や目視外飛行・夜間飛行など高度な運航を行うことができます。

実績一覧  技術カタログ

レーザ計測システムを活用した陸域での3次元計測

lazar201707

離れた場所からの計測が可能なため、人の立ち入りが困難な急傾斜地や軌道敷において安全な場所から短時間で高密度の3次元データを取得できます。とくに、重要文化財に指定される史跡などは、デジタル・アーカイブとして有効に利用することもできます。

計測した3次元データから、汎用性の高い3次元モデルを作成することにより情報の共有化が図れ、国土交通省が推進する「i-Construction」に対しても、期待されています。

技術的特徴
○ 計測データから任意の位置での距離測定や土量の算出ができます。
○ 自由な位置での縦横断面図作成により、業務の効率化が図れます。
○ 任意の場所から取得点密度を設定した計測ができます。

○ 計測データは、受光強度値やRGB値により表現できます。
(保有機器:地上型レ-ザ計測機 ライカ Scan Station、BLK360)

実績一覧  技術カタログ

ナローマルチビーム測深機を活用した3次元計測

multi201707

本システムは、従来の測線上を線的に計測する方法に変わり、多数の指向性ビームにより海底、湖底、河床を3次元データとして面的に計測することができます。位置情報はGNSS、慣性GPSジャイロ(POS/MV)を使用し、高精度なデータを取得します。

沿岸域の砂の移動(漂砂の調査)、被災状況の把握、港湾構造物や消波ブロックの状況、魚礁の分布確認といった港湾工事の管理やダムの堆砂管理等に活躍しています。

技術的特徴
○ 幅広く測深できるため、効率良く正確な地形を捉えることが可能である。
○ 地形を3次元化することができるため、視覚的効果が得やすくなる。

○ 従来とは異なり3次元データを取得できるため、詳細な地形からの土量計算が可能となり、より正確な数量が算出できます。

○ 「i-Construction」にも対応
(保有機器:ナローマルチビーム測深機 SONIC2024型及び SeaBat T50)

実績一覧  技術カタログ

GIS(地理情報システム)を活用した業務の効率化支援

既存の地図データや航空写真などをGISの背景地図として取り込み、業務に必要な情報(例えば、下水道施設や道路附属物、公園施設の位置情報や施設内容など)をGIS上に登録することにより、情報の可視化や一元管理が可能となり、業務の効率化や意思決定の迅速化を図ることが見込まれます。

技術的特徴

○ 属性情報を利用した検索が可能です(例えば、顧客からの問い合わせのあった住所情報をキーワードに該当する施設を抽出することができる)。

○ 業務に必要な情報を地図上で一元管理しているため、データ更新や担当者間での引継ぎ作業が容易に行えます。

○ 弊社のGISは個別型のため統合型と比較すると安価にて導入が可能となります。

○ 業務実績としては、下水道台帳管理システムや道路ストック管理システムの構築をはじめGISデータの作成や活用についての豊富な実績があります。

実績一覧  技術カタログ

空中写真測量

3-10-2

撮影した空中写真画像から使用目的に応じた地形情報を取得して地形図及び数値地形データを作成します。

技術的特徴
○ 各事業の計画や設計に必要な縮尺の平面図やCADデータを作成します。
○ 道路や河川の施設管理に必要な管理用図面を作成します。

○ 砂防基礎調査等の解析に必要な3次元数値地形データや3次元地形モデル、正射写真画像データ(オルソ画像データ)を作成します。

○ 3次元地形データと写真画像データを利用して鳥瞰イメージを作成します。

実績一覧  技術カタログ

AIを活用した交通調査システム

AI(人工知能)を活用し、画像解析を行い交通量計測や交通流動解析などの実証実験を行っています。今後はGUIベースでのAI解析可能なシステムを構築予定です。

技術的特徴
○ 自動で車種判別が可能です。
○ 自動で交通量の計測が可能です。
○ 計測結果をテキスト形式に出力が可能です。
○ 物体の追跡処理により、走行軌跡の描画ができます。
○ 計測台数、物体検出枠、速度等を表示し、視覚的に判断できます。

ステレオ式写真による遠隔計測

ステレオ式写真による遠隔計測
【手計測からツールを使用した効率的な計測へ】
使用機械:Leica BLK3D/ライカジオシステムズ株式会社

BLK3Dの現場調査投入によるメリット

    1. 手計測では計測不可能な場所の寸法値が取得可能となる。
    2. 経験値に左右されない調査成果の取得が可能となる。
    3. 従来の手描き調査と併用することで、現地調査精度の照査が可能となる。
      ⇒EX)四国地整管内では、完了検査時の現場検査があり、成果図面寸法と現地計測寸法の精度が問われる。
      ⇒検査対策としての有効手段となる。(PDFによるレポートデータの添付が可能となる。)
    4. 建物所有者の都合等により十分な調査時間が確保できない場合や室内外での人通りが輻輳し、寸法計測が十分に行えない場合などの状況に対してBLK3Dの撮影データは、十分な対応策となり得る。

【総合効果】

  1. 調査の効率・迅速化、調査精度のばらつきの解消、成果品精度の向上

変位量自動観測

heni201707

測量用精密GNSS受信機を利用し、観測データを通信ネットワークで送信し、データ解析から移動量の表示まで自動的に行うシステムです。地すべりや長大法面の地表面移動量の観測を1周波GNSS受信機によるRTK-GNSS測位による緊急時のリアルタイム観測の実用化に対応します。

技術的特徴
○ 3次元での測定が可能です。
○ 広域な監視地域の高精度な測定が可能です。
○ 長期的かつ連続して自動観測が可能です。
○ 全天候型観測が可能です。

技術カタログダウンロード

関連リンク

ページ上部へ