HOME > 事業内容 > 防災-砂防・斜面防災 > 砂防基礎調査 

砂防基礎調査

土砂災害防止法関連業務

土砂災害防止法関連業務には、法律が施行された平成13年より現在まで一環として取り組んでおり、西日本を中心に多くの基礎調査業務の実績があります。全国的に1巡目の指定が完了しつつありますが、2巡目の調査や新規箇所の抽出等も対応可能です。また、各種基礎調査マニュアルや特定開発行為に関する技術基準の策定も実績があります。

3-10-1

※国土交通省HPより引用

レッドゾーン対策検討

土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)に指定されると、特定の開発行為に対する許可制や建築物の構造規制が適用されます。大規模な開発を計画する場合などは、レッドゾーンを解除するための対策や新たにレッドゾーンが生じないよう対策を講じる必要があります。また、公共施設やライフライン施設等において、レッドゾーンに指定されたことにより、土砂災害に対する危険性が認識され、対策を検討する事例も増えつつあります。

弊社ではレッドゾーン対策の検討に多くの実績があります。

※国土交通省HPより引用

関連リンク

ページ上部へ