HOME > ”いきもの いきいき”プロジェクト The Project of Conservational Biodiversity > コウノトリの野生復帰を目指して > 2012年6月23日 湿地整備の一環として、コウノトリの餌場づくりに参加しました

”いきもの いきいき” プロジェクト

「ハチゴロウ戸島湿地」の整備の一環として、コウノトリの餌場づくりに参加しました

 このたび、コウノトリの湿地整備が進められている豊岡市田結(たい)地区において、弊社の福成社長を含め、大阪支社営業課、本社河川技術課、総務課、生物環境の社員8名と 円山川漁業協同組合の1名、豊岡市役所の2名、コウノトリ湿地ネットの4名、地元の方の2名の計17名で、コウノトリの餌場づくりの作業を行いました。
 この田結地区は、豊岡市の北東部に位置し、日本海に面した海岸とそこに流れ込む小河川の田結川の流域に形成された集落です。谷沿いにある約12ha(ヘクタール)の水田は、 減反政策やシカなどの獣害、後継者不足により、今ではその全てが放棄田となっています。2008年4月、この谷にコウノトリが舞い降りました。近くの戸島湿地で繁殖している コウノトリが餌場として舞い降りるようになり、この放棄された水田は、新たな価値を持ち、地域とNPO、地元行政が共同して、生物多様性を保全する活動が進められています。
 また、田結地区を含めた豊岡市の円山川の下流域は、今年度、ラムサール条約の登録に選定されました。
 地域社会に密着した本活動について、弊社もコウノトリの野生復帰に関わる企業として、行政、地域住民、NPOと連携し弊社の技術・人材を活用し支援してまいります。
  本活動については、NPOコウノトリ湿地ネットブログにおいてもご紹介いただきました。

概要

◆作業目的と内容
 豊岡市田結地区の放棄田において、コウノトリの餌場を増やすことを目的に、棚田風の小規模な湿地の整備を行いました。

◆作業参加者
 田結地区住民:2名、豊岡市役所:2名
 NPOコウノトリ湿地ネット:4名
 円山川漁業協同組合:1名
 復建調査設計:8名

◆作業場所及び作業実施日
 場所:兵庫県豊岡市田結地区
 日程:平成24年6月23日(土)

120623_01

120623_02

120623_03

120623_04

※湿地整備のボランティア活動【第1回】2007年 7月21日は、こちらをご覧ください.
※湿地整備のボランティア活動【第2回】2007年10月27日は、こちらをご覧ください.
※湿地整備のボランティア活動【第3回】2008年 6月 4日は、こちらをご覧ください.
※湿地整備のボランティア活動【第4回】2008年10月 9日は、こちらをご覧ください.
※湿地整備 魚類の放流 2009年 2月20~21日は、こちらをご覧ください.
※湿地整備 戸島湿地の草刈り 2009年7月18日は、こちらをご覧ください.
※湿地整備 戸島湿地の草刈り及び環境学習 2009年11月4~5日は、こちらをご覧ください.
※湿地整備 ビオトープの維持管理作業 2010年 7月10日は、こちらをご覧ください.
※湿地整備 戸島湿地の草刈り 2010年10月24日は、こちらをご覧ください.
※湿地整備 戸島湿地の草刈り 2012年 4月21日は、こちらをご覧ください.

ページ上部へ