HOME > ニュース > ヒョウモンモドキの生息環境を保全する活動に参加しました

ニュース

ヒョウモンモドキの生息環境を保全する活動に参加しました

平成25年12月26日

 このたび、地域社会貢献活動の一環として、環境省レッドリストで『絶滅危惧ⅠA類』に指定されているヒョウモンモドキの生息環境保全活動に弊社社員4名が参加しました。
 今回は、春に続いて今年度2回目の作業で、パシフィックコンサルタンツ(株)さんと協働で、ヒョウモンモドキの生息環境を維持するための草刈りを行いました。主な作業は、春に植えたノアザミ(ヒョウモンモドキ成虫の吸蜜植物)の生育を促進するため、背の高いススキやセイタカアワダチソウなどの除去となりました。
 弊社は、ヒョウモンモドキ保全地域協議会の賛同団体です。このような地域活動を通じて、地域の方の期待や要望と向き合い、弊社の技術・人材を活用するなど、様々な形で地域のお役に立てるよう努めてまいります。

1.活動概要

 ●年月日・場所

  平成25年11月30日(土) ・ 広島県世羅郡世羅町

 ●活動内容
  10:30~ 草刈り作業の開始
  12:30  作業終了

 ●復建調査設計株式会社参加者
  4名(生物環境課ほか)

 ●目的
  中山間地域での活動を通じて、地域社会とのコミュニケーションを図り企業の社会的責任を果たす。

2.活動状況

【ヒョウモンモドキの指定状況】
• 「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」 国内希少野生動植物種
• 「環境省レッドリスト」 絶滅危惧ⅠA類
• 「絶滅のおそれのある野生生物(「レッドデータブックひろしま2011」)のレッドリスト2011」 絶滅危惧Ⅰ類

※ヒョウモンモドキ生息環境保全活動【第1回】2012年 5月20日は、こちらをご覧ください.
※ヒョウモンモドキ生息環境保全活動【第2回】2012年 11月17日は、こちらをご覧ください.

ニュース一覧に戻る