HOME > ニュース > 『令和2年度 グリーンスローモビリティの活用検討に向けた実証調査支援事業』の公募について

ニュース

『令和2年度 グリーンスローモビリティの活用検討に向けた実証調査支援事業』の公募について

令和2年6月9日

復建調査設計株式会社

1.概要

復建調査設計株式会社は、国土交通省からの委託を受け、「令和2年度 グリーンスローモビリティの活用検討に向けた実証調査支援事業」を実施します。

国土交通省では、地球温暖化計画に掲げた運輸部門の二酸化炭素排出量削減目標達成のため、公共交通機関の利用促進等の低炭素社会実現のための対策を推進しています。今後の更なる低炭素社会の推進を見据えた際に、環境負荷の少ない「グリーンスローモビリティ(※)」は、地域が抱える様々な交通の課題の解決と、地域での低炭素型モビリティの導入を同時に進められる移動手段としての有効性が期待されています。

本事業では、地方公共団体が国土交通省関係部局等のサポートを活用しながら、地域や用途の特性に応じたグリーンスローモビリティの導入に向けた検討を行う機会を提供する実証調査を行うこととしており、以下のとおり案件募集を行います。
(詳細につきましては、「4.公募要項および関連資料」より公募要領をダウンロードの上、ご確認ください)
※グリーンスローモビリティ…時速20km未満で公道を走ることが可能な4人乗り以上の電動パブリックモビリティ

2.公募期間

令和2年6月9日(火)~令和2年7月10日(金)12時(正午)必着

3.提出先

〒732-0052
広島県広島市東区光町2-10-11
復建調査設計株式会社 総合計画部
「グリーンスローモビリティの活用検討に向けた実証調査支援事業」公募係

4.公募要項および関連資料

5.質疑・回答

【問合せ締切】 令和2年7月3日(金)12時 必着
【問合せ方法】 本公募要項に関するお問い合わせは、下記問合せ先に電子メールでお送り下さい。
なお、質問内容に疑義が生じた場合は、事務局が質問者へ電話で問合せをする場合があります。
【問合せ先】 green-mobi@fukken.co.jp
【回答方法】 問い合わせ内容及び回答については、取りまとめた上で、
復建調査設計のホームページ http://www.fukken.co.jp/news/14267/ にて随時公開します。
【質問回答】

  • ※6/9~6/15に提出されたお問合わせに対する質問回答書を掲載しました。(令和2年6月16日)

  • 質問回答書_200616[PDF]
  • ※6/16~6/18に提出されたお問合わせに対する質問回答書を掲載しました。(令和2年6月19日)

  • 質問回答書_200619[PDF]
  • ※6/19~6/25に提出されたお問合わせに対する質問回答書を掲載しました。(令和2年6月26日)

  • 質問回答書_200626[PDF]
  • ※6/26~6/28に提出されたお問合わせに対する質問回答書を掲載しました。(令和2年6月29日)

  • 質問回答書_200629[PDF]
  • ※6/29~7/2に提出されたお問合わせに対する質問回答書を掲載しました。(令和2年7月3日)

  • 質問回答書_200703[PDF]

6.お知らせ

グリーンスローモビリティの特長や、普及に向けた動向、地域での導入事例等をご紹介する「グリーンスローモビリティシンポジウム」を開催しました。

2019.11.1に開催された『グリーンスローモビリティシンポジウム』の開催報告は以下をご覧ください。

グリーンスローモビリティシンポジウム

7.問い合わせ窓口

ご質問のある方は、下記窓口まで電子メールにてお願いします。

 復建調査設計株式会社
 「グリーンスローモビリティの活用検討に向けた実証調査支援事業」公募係
 メールアドレス:green-mobi@fukken.co.jp
 (担当: 金沢、山下)
 問い合わせ期間: 令和2年7月3日(金) 12:00まで

ニュース一覧に戻る

ページ上部へ