HOME > ニュース > 「平成30年7月豪雨」に伴う災害時および復旧・復興時の移動履歴調査へのご協力のお願い

ニュース

「平成30年7月豪雨」に伴う災害時および復旧・復興時の移動履歴調査へのご協力のお願い

平成30年8月30日

 この度の平成30年7月豪雨により、亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、被災された皆様ならびにご家族に、謹んでお見舞い申し上げます。
 この度、土木学会土木計画学研究委員会平成30年度7月豪雨災害調査団は、広島大学大学院 国際協力研究科 力石真准教授(交通工学研究室)と復建調査設計株式会社を中心に、共同研究の一貫として災害時ならびに復旧・復興時の移動履歴調査を実施することに致しました。本共同研究は、甚大な災害を教訓に、災害発生から復旧までの被災地域に関連する人々の行動履歴を記録として残し、平時及び災害復旧時の交通サービスのあり方を考える基礎情報を取得することで、広島・呉・東広島地域の災害復旧支援に協力するものであります。
 つきましては、災害復旧支援の主旨をご理解いただき、一定期間継続してボランティアとして移動記録の被験者となってくださる方を募集いたします。これは調査への協力という新しい形のボランティア活動です。多くの皆様方が本調査へ自主的にご参加いただくことが復興まちづくりに役立ちます。
 復旧・復興途上の多忙な期間とは存じますが、ご協力のほど何卒宜しくお願い申し上げます。なお、本調査は「広島・呉・東広島都市圏災害時交通マネジメント検討会(会長:広島大学大学院国際協力研究科 藤原章正教授)」にご協力頂き実施しております。

1.募集対象者

 呉市、東広島市、広島市安芸区・安佐北区、安芸郡に在住またはお勤めの方

2.調査方法

・個人所有のスマートフォン(iPhone/Android)のアプリを用いて個人の移動履歴を記録頂きます。
・平日・休日の通勤・帰宅、買い物、通院、レジャー等のあらゆる目的の移動履歴が対象です。
・休日の行動記録を最優先して頂き、平日は3日以上の記録を基本とさせて頂きます。ただし、記録として残したくない行動については
 記録頂く必要はありません。また、記録のご負担に応じて、調査頻度は調整させて頂きます。
・操作は、出発時の操作、移動手段変更時の操作、到着時の操作の3つです。
・アプリ利用に伴う通信費等は被験者の自己負担となります。ご了承ください。
・本調査は、「ボランティア(無償)でご協力いただける方」を募集しております。

3.調査期間

・平成30年8月~11月末(予定)

4.ボランティア協力の回答先及び問い合わせ先

 ご協力いただける方は、以下のメールアドレスに、「氏名」、「年齢」、「性別」をお送りください。担当者より、調査に必要となるアプリのダウンロード方法等についてご連絡を致します。

復建調査設計株式会社 災害・復旧時移動履歴調査担当
 担当者:山下、平井
 調査専用メールアドレス:pp_survey_hiroshima@fukken.co.jp
 電話番号:082-506-1853
 ※受付時間:午前10時~午後5時

よくあるご質問(FAQ)はコチラをご確認ください。

5.個人情報の取り扱いについて

 ご協力いただいた方の個人情報は、利用目的の達成に必要な範囲においてのみ行い、この調査以外では使用いたしません。

ニュース一覧に戻る