HOME > 事業内容 > 交通計画 > 交通まちづくり

交通まちづくり

 都市交通は、都市・地域の一体的で活力あるまちづくりを行う上で、安全・安心で環境に配慮した移動空間を提供し、人々の暮らしを豊かにする重要な役割を担っております。
復建調査設計では、都市圏レベルから地区レベルまで、自動車、歩行者・自転車、公共交通、交通結節点、駐車場等のあらゆる交通に対し、「企画」、「調査・計画立案」、「分析・評価」等、幅広いニーズへの対応を行っております。 従来のようなクルマ主体のネットワーク整備だけではなく、公共交通や歩行者・自転車等を含めた交通ネットワーク整備、ユニバーサルデザインへの対応など、トータルな視点、柔軟なアイデア、高い技術力により、最適なソリューションを提供します。

「交通まちづくり」の実績一覧へ

人と地球にやさしいエコ・コンパクトシティの創造 ~まちづくり交通計画~

・ 社会情勢の著しい変化に伴い、持続可能なまちづくりを支えるための、新たな都市交通計画が求められています。

・ 低炭素型まちづくりや防災まちづくり、エコ・コンパクトシティ形成などの新たな社会的要請に応じながら、あらゆる人が円滑かつ効率的に移動でき、人と地球にやさしい交通まちづくりを提案します。

○ 総合都市交通体系調査、都市交通マスタープラン、まちづくり交通計画、都市交通戦略など
○ 交通円滑化総合計画、モビリティ・マネジメント計画
○ 駐車場マネジメント(配置計画)の検討       等

3-29-01

▲中心市街地の再生を狙った松山市総合交通戦略

3-29-09

▲まちなか交通における駐車場の空間配置の基本的な考え方(例)

地域に根ざした公共交通の再生~地域公共交通計画(網形成計画及び再編実施計画)~

・ 地域公共交通は、地域を支える基盤であり、移動手段の確保、地域活性化、環境問題の観点からも、その活性化・再生が喫緊の課題です。

・ 鉄道、バス交通、海上交通などの生活交通の確保・維持・改善のために、地域の実情に合った公共交通の事業展開検討や計画策定支援などを行います。

○ 地域公共交通総合連携計画、生活交通ネットワーク計画、バス路線再編計画、航路改善計画、
(地域公共交通確保維持改善事業)
○ 各種公共交通の実証実験
○ デマンド交通予約システム・アプリ等の作成
○ 公共交通計画におけるガイドライン作成      等

  • ▲公共交通サービス圏域の分析
  • ▲コミュニティバス路線の社会実験

人々が集い賑わう安全な街路空間づくり~街路空間計画・地区交通計画~

・ 多くの人々が利用する街路空間は、円滑な交通を確保するほか、まちにゆとりや潤いを与え、安全で快適な機能が有することが求められています。

・ 様々な道路利用者の視点に立って問題・課題を明確にし、街路空間の使い方の再配分やバリアフリー対策等、人々が集い賑わう安全な街路空間づくり、地区内交通の実現を支援します。

○ バリアフリー基本構想・事業計画、あんしん歩行エリア計画、コミュニティゾーン計画
○ 地区内の歩行者・自転車ネットワーク計画
○ 地区内道路網計画、狭あい道路対策
○ コミュニティ道路・歩車共存道路の整備計画
○ 中心市街地における歩行空間や道路空間の設計支援   等

3-29-04

▲バリアフリー計画の策定

シームレスで魅力のある乗り換え環境を創造~交通結節点計画~

・ 駅やバスターミナルなどの交通結節点について、周辺地区との一体的なまちづくりを立案するとともに、シームレスな乗り換えの実現、 ユニバーサルデザインへの対応、周辺の駐車・駐輪施設も含めた交通施設の一体的整備など、複合的な観点から、より魅力的なまちづくり、交通施設計画を立案します。

○ 交通結節点を核としたまちづくり計画
○ 交通結節点整備計画(駅舎、駅前広場、バスターミナル、自由通路、駐輪場、駐車場など)
○ 駐車場・駐輪場の整備計画   等

3-29-05

▲JR横川駅前広場のイメージ

自転車の利用促進・施設整備

・ 近年、地球温暖化・健康・経済性の観点から自転車利用が見直されています。弊社ではそのニーズに対応し、「自転車利用環境整備」として、自転車利用実態・道路現況調査から、自転車ネットワーク選定・整備計画立案までのサービスを提供しています。

・ また、中心市街地における回遊性の向上、違法駐輪の削減、地域の渋滞緩和・交通事故の削減等、地域の抱える課題・実情に適した有効性の高いコミュニティサイクル導入検討を行っています。

○ 自転車ネットワーク計画、自転車利用環境整備計画
○ レンタサイクル・コミュニティサイクルの導入検討・計画策定   等

3-29-06

▲自転車利用環境整備のイメージ

3-29-10

▲車道の左側にサイクリングの推奨ルートを明示するブルーライン

3-29-07

▲コミュニティサイクルシステムのイメージ

物流まちづくり ~物流連携効率化推進計画~

・ 商業施設等が密集する中心市街地における物流は、荷捌き車両の路上駐車や、非効率な集配状況、環境への影響などの様々な問題を抱えています。

・ 都市内物流の実態や課題を物流調査等により把握し、物流効率化に向けた計画の策定および実施支援を行います。

○ 物流連携効率化推進計画
○ 共同集配、荷捌きスペースの計画   等

  • 3-29-08

▲まちなか共同集配

多様な交通システムの導入検討支援

・ 地球温暖化問題に対する社会的関心が高まっており、交通需要マネジメントなどの自動車交通需要を抑制する取組として、カーシェアリング、超小型モビリティ、自動運転、デマンド交通、BRTなどが注目されています。

・ 企業や車両メーカー等に対するヒアリング調査やインフラ整備状況調査等をふまえて多様な交通システム導入に向けての計画検討を行います。

▼業務実績

年度 業務名 発注者
2016 超小型モビリティ活用実証業務委託 岡山県岡山市
2016 黒部市次世代型交通システム実証実験実施業務 東京大学
2015 超小型モビリティ導入可能性検討業務委託 岡山県岡山市
2013 公民連携によるワンウェイ型カーシェアリングの実現に向けた課題等検討業務 兵庫県神戸市
2012 フローティングカーシェアリングの導入候補地調査 民間企業
  • mobility201707

▲超小型モビリティの実証実験

関連リンク