HOME > 事業内容 > 社会基盤整備-河川技術 > 道路技術

道路技術

 近年、安全・良好な交通機能、防災機能を確保しつつ、誰もが安心して暮らせる生活環境や安全・安心な道路・交差点を確保するためには、人や自然の視点に立った道路の構築、バリアフリー化及び維持補修などにより、人々のさらなるニーズを満足することが求められています。
私たちは、これらの多様なニーズに応えるため、これまでに蓄積したノウハウと柔軟なアイデア、先端技術を駆使して、これまでのルートの選定、道路計画・設計、施工における支援など道路が開通できるまでの対応だけでなく、安全で安心な道路が維持し続けるよう、あらゆる面からのコンサルティングを行っております。

幹線道路網の構築

 21世紀の経済・社会を支える基盤として、高規格幹線道路などの幹線道路ネットワークの整備が進められています。 自然環境、生活環境に配慮しつつ、本線、インターチェンジ、ジャンクション、SA・PAなどの計画、設計を行います。

新東名高速道路 伊勢原JCT(神奈川県伊勢原市)

  • 第二京阪道路 枚方学研IC
    (大阪府枚方市)
  • 鳥取自動車道 西粟倉IC
    (岡山県英田郡西粟倉村)

都市の新生・再構築

 交通渋滞の解消により安全・良好な都市環境を確保し、さらには都市の新生・再構築を図るには、都市の骨格を形成することが重要となります。環状道路、交差点の立体化、パークアンドライドの施設などの都市構造を再編する計画、設計を行います。

県道門司行橋線(福岡県京都郡苅田町)

  • 広島南道路(広島県広島市)
  • 国道11号(香川県さぬき市)
  • 三坂道路(愛媛県松山市)
  • 県道幡生綾羅木線(山口県下関市)

ラウンドアバウト(RAB) ~新たな平面交差の形~

 ラウンドアバウトは、従来の信号交差点と比べて安全・円滑性に優れた新しい交差点の形として全国で積極的に導入されています。ラウンドアバウトの適用可能性の相談から、調査・計画・設計、広報・PR計画まで一貫してプロデュースします。

douro_21

県道倉敷長浜笠岡線(岡山県浅口市)

バリアフリーの実現

 少子・高齢社会に対応するため、歩行者・自転車に対して適切な通行空間を確保し、誰もが安心して暮らせる生活環境の確保が求められています。駅周辺や商店街を中心とした歩行空間のバリアフリー化や電線類の地中化などの計画、設計を行います。

  • 松山市役所周辺「二番町通り」
    (愛媛県松山市)
  • 出雲大社周辺
    (島根県出雲市)

交通連携の推進

 利用者の視点に立ち、移動の連続性を強化する視点から、異なる交通手段を相互に連絡する交通結節点を改善することが挙げられます。空港・港湾への直結道路、駅前広場、自由通路などの陸・海・空の交通連携を推進する計画、設計を行います。

横川駅(広島県広島市)

  • 高槻駅(大阪府高槻市)
  • 東郷駅(福岡県宗像市)

地域連携の強化

 活力ある地域づくりや道を介した地域の交流を促進するために、休憩や情報発信機能などを備えた道の駅、町と町とが手を結び活力ある地域づくりを担う地域連携道路などの計画、設計を行います。

douro_22

道の駅世羅(広島県世羅郡)写真提供:世羅町

  • 市道 船倉曽原線(岡山県倉敷市)
  • 国道429号(兵庫県宍粟市)

地形的障害の克服

 日本の国土の多くは山地であり、地形的障害を克服する手段として鉄道,道路,水路などの山岳トンネルは不可欠です。一方、大都市のある平地では、土地の高度利用のためにシールドトンネルなどが建設されており、これらのトンネルの計画、設計を行います。

  • 美作岡山道路 湯郷第一トンネル
    (岡山県美作市)
  • 国道169号 和佐又トンネル
    (奈良県吉野郡上北山村)

関連リンク