HOME > 技術情報 > NETIS一覧

NETIS一覧

CPG工法

[登録番号] KTK-140005-A

静的圧入締固め工法による液状化対策技術

本技術は、地盤内に固結体を形成し周辺地盤を圧縮強化する静的圧入締固め工法で、地盤の液状化対策を行う技術である。従来は、薬液注入工法で対応していた。本技術の活用により、対象土への注入量を減らすことが可能となり、経済性・周辺環境への影響抑制が向上した。

ページ上部へ