HOME > RAEMーLight

webheader

RAEM-Light(ラーム・ライト)とは

 わたしたちは,経済シミュレーションモデル「RAEM-Light」を用い,道路整備が地域経済へ及ぼす影響を的確に把握することで,政策評価のお手伝いをします.
 現在,弊社では,民間コンサルタント・シンクタンク数社と共同で「RAEM-Light研究会」を発足させ各種PR活動,実務的課題の克服,技術の高度化等について検討を行っております.

お問い合わせ先へ

その他の経済分析モデルのご紹介はこちら

RAEM-Lightに関わる最近の動向

 私たちがご提案する技術 「経済シミュレーションモデルRAEM-Light」

 
 RAEM-Lightは,道路などの社会資本整備が,私たちの地域にどの程度の経済的インパクト(便益額)を及ぼすのかを数字で把握できる経済シミュレーションモデルです.
 本モデルの理論的な枠組みは,ミクロ経済学の分野で発展してきた一般均衡理論をベースにしており,企業や消費者の行動をモデル化することで,検討地域の経済社会システムを再現し,地域経済の状況変化をシミュレートできるモデルになっています.
 例えば,道路ネットワーク整備を例にとると,整備による所要時間の短縮が物流コストの低下を生み,その影響が地域の企業や消費者に波及することで,結果的に地域の経済にどの程度の経済的インパクトが生じるのかを計測する仕組みになっています.

fro-

 
 また,従来技術と比較すると,従来技術では,対象地域全体の経済的インパクトを計測することが出来ていましたが,どの地域が経済的にプラスの影響を受け,どの地域がマイナスの影響を受けるかなどの地域別のインパクトの分布状況を把握することは困難でした.そのため,例えば,従来の評価では,社会資本整備による地域全体への貢献度はわかるものの,地域間の格差是正への貢献度を把握することが出来ませんでした.
 現在,わが国では,地域全体での発展もさることながら,地域間の格差の是正も大きな政策課題であることから,従来技術にかわる新たな社会資本整備の評価手法が求められています.このような状況の中で,RAEM-Lightは有効な政策評価分析ツールのひとつといえます.

image01

このページトップへ

 

RAEM-Light(ラーム・ライト)の分析事例 

 
 例えば・・・,現在整備されている高速道路がすべて無かったから,私たちの住む地域の経済にどのようなインパクトがあるのでしょうか?
 そんな疑問もRAEM-Light を使えば,数字でインパクトを計測できます.下図は,現在整備されている高速道路がすべて無かった場合の経済的インパクトを分析した結果です.山陽側の都市部では大きくマイナスの効果があるのに対して,山陰地方では逆にプラスの効果が計測されています.このことから,現在の高速道路のネットワークが陰陽格差を拡大させる構造になっていることがわかります.

 

tizu

※本技術の開発・活用にあたっては,鳥取大学工学部社会開発システム工学科小池淳司准教授にご協力いただいております.今後も,分析技術の更なる高度化を目指し,大学と連携した技術開発に取り組んでいきます.

このページトップへ

お問い合わせ先:
総合計画部 社会基盤計画課 地域経済戦略チーム 佐藤啓輔、吉野大介
TEL:03-5835-2631

fukkenlogo