HOME > 事業内容 > 地盤環境 > 情報化施工

情報化施工

 自然が創り出した材料を対象とする地盤工学では、地盤の挙動を総合的に判断することが重要となります。
「情報化施工」は、工事に伴う実際の地盤の挙動を計測し、解析し、設計値を再評価して次段階の施工にフィードバックすることにより、工事を安全に進め、設計で定めた性能の構造物を建設しようとするものです。

 建設工事が大規模・高度化している現在では、「情報化施工」は理論と実際を結ぶかけ橋として、多くの現場で積極的に導入されています。

 当社は、昭和40年代前半に現広島西飛行場の沖合拡張工事の計測管理にこの分野の先駆者として本格的に取り組んだのがスタートで、これまで「情報化施工」のパイオニアとして、多くの建設プロジェクトに参画してきました。

 その豊富な経験と技術に基づいたモニタリングを駆使して、さらに挑戦を続けます。

  • 3-6-01
    東京国際空港沖合展開事業への参画
    (S62~現在・東京都)
  • 3-6-02
    関西国際空港建設事業への参画
    (S63~現在・大阪府)

関連リンク